SDGs SCRUM

SDGsに取り組む企業や団体を応援するメディア

SDGsを学ぶ

LEARN SDGs

SDGs(持続可能な開発目標)とは?

UN Photo/Cia Pak

SDGs(エスディージーズ)」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、国際社会共通の目標です。

このサミットでは、2015年から2030年までの長期的な開発の指針として、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。この文書の中核を成す「持続可能な開発目標」をSDGsと言います。

SDGsは「17の目標」「169のターゲット(具体目標)」で構成されていて、それぞれの目標は互いにつながりあっています。

SDGsは「誰ひとり取り残さない」を基本理念に掲げていて、全ての国が行動すること、全てのステークスホルダー(利害関係者)が役割を果たすことを前提にしています。

17の目標だけではなく、169のターゲットを見ていくと、目標達成のためには、国だけではなく、企業や団体、個人の行動も欠かせないことがわかります。

SDGs 17の目標と169のターゲット

SDGsの17の目標はそれぞれにアイコンが用意され、最近ではこのカラフルなアイコンをよく見かけるようになってきました。

どのような目的で17の目標が設定されたのか、その理由を知ることが、SDGsを理解する近道かもしれません。

SDGs SCRUNでは、17の目標ごとにページを用意して、それぞれの目標が設定された背景や、169のターゲットをご紹介しています。

ご紹介しているのは社会が抱える課題のごく一部ですが、それぞれの目標に対して取り組んでいる企業や団体も合わせて紹介していますので、「課題」と「取り組み」を知るきっかけとして、ぜひ1つずつアイコンをクリックしてご覧ください。